追加してまいります:New articles will be added.

This Super Huge Universe

2014.12.25 (Thu) From Blog

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

26 + 8 Pictures Will Make You Re-Evaluate Your Entire Existence

26+8枚の画像があなたの存在を再自覚させることでしょう

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

外国の友人:Yさんから頂きました。匿名作者様共々お礼申し上げます。鑑賞していると、私は、ラベル作曲、ボレロを聴いている気分になります。 26+8枚を見始めると私たち一人一人の命の小ささと、それをもたらしてくれた何かが「偶然」なのか、「神の意図」なのか考えさせられます。たくさんの「幸福論」を読んでなお絶望のふちにあるとしたら、この26 + 8を静かにご鑑賞ください。

 

Yoshy was presented these wonderful pictures via one of my foreign friends, Ms. Y. I really appreciate her kindness and the anonymous author’s amazing idea and work; I feel like listening to the music, Ravel’s BOLERO behind them. As soon as we started watching them, we couldn’t help thinking how tiny existence each of us was; moreover, which was just “a coincidence” or “God’s Will”. If you who had read many books of “Eudaremonics” and nevertheless if you were still sinking in the depth of despair, why don’t you watch 26 + 8 without thinking anything?

 

 

 

英文見出し文の翻訳は、遠藤由明:ヨッシーです。表題を含めて、意訳です。

 

Yoshy (Yoshiaki Endo) translated each caption including the title into my free Japanese.

 

 

 

1. This is the Earth! This is where you live.

地球!ここに今、あなたが生きています。

 

 

2. And this is where you live in your neighborhood, the solar system.

そして、あなたのごく身近な太陽系。

 

 

3. Here’s the distance, to scale, between the Earth and the moon. Doesn’t it look too far, does it?

地球と月の距離は、離れ過ぎているでしょうか?

 

 

4. THINK AGAIN. Inside that distance you can fit every planet in our solar system, nice and neatly.

更に考えましょう。その距離の内側に太陽系の惑星をはめ込んだとしたら、見栄えよく整然となります。

 

 

5. But let’s talk about planets. That little green smudge is North America on Jupiter.

さて、その惑星のことですが:ちっぽけな緑の染みは、木星上の北アメリカです。

 

 

6. And here’s the size of Earth (well, six Earths) compared with Saturn:

そして、地球の大きさを土星と比較すれば、6個がこのような大きさなのです。

 

 

7. And just *for good measure, here’s what Saturn’s rings would look like if they were around Earth:

念のため、もし土星の輪が地球の周りにあるとすれば、このようになります。

*for good measure:おまけに、念のため

 

 

8. This right here is a comet. We just landed a probe on one of those bad boys. Here’s what one looks like compared with Los Angeles:

これは彗星(すいせい)です。神出鬼没の彗星の1個とロサンゼルスとの比較です。

 

 

9. But that’s nothing compared to our sun. Just remember:

私たちの太陽とは比較になりません。忘れないで。…

 

 

10. Here’s you from the moon:

月から見たあなたは、ここです。

 

 

11. Here’s you from Mars:

火星から見たあなたは、ここです。

 

 

12. Here’s you from just behind Saturn’s rings:

土星の輪の背後から見たあなたは、ここです。

 

 

13. And here’s you from just beyond Neptune, 4 billion *miles away.

遥かかなた40億マイル(643億キロ)離れている海王星から見たあなたは、ここです。

*1 mile1.609 km

 

 

14. Let’s step back a bit. Here’s the size of Earth compared with the size of our sun. Terrifying, right?

ちょっと戻りましょう。私たちの太陽の大きさと比較した地球の大きさです。ぞっとしますね。

 

 

15. And here’s that same sun from the surface of Mars:

そして、火星の表面から見た、先ほどの太陽がこれ。

 

 

16. But that’s nothing. Again, as *Carl once *mused, there are more stars in space than there are grains of sand on every beach on Earth:

でも、大したことではありません。かつてカール・セーガン博士が考えたように、宇宙には地上の浜辺の砂粒の数以上に恒星が存在します。

*Carl= Carl Edward Sagan (1934-1996):米国の天体物理学者  *muse~:~を熟考する

 

 

17. Which means that there are ones much, much bigger than little *wimpy sun. Just look at how *tiny and *insignificant our sun is:

ということは、小さく弱弱しい太陽よりもずっと遥かに大きな恒星があるということなのです。

*wimpy~:弱弱しい、臆病な~  *tiny~:ちっぽけな~ insignificant~:とるに足らない、些細な~

 

 

18. Here’s another look. The biggest star, *VY Canis Majoris, is 1,000,000,000 times bigger than our sun:

又、別の見方を。最大の恒星、おおいぬ座VY星は、私たちの太陽より10億倍のおおきさなのです。

*VY Canis Majoris:おおいぬ座VY (おおいぬ座にある赤色超巨星)

 

 

19. But none of those compares to the size of a galaxy. In fact, if you *shrank the sun down to the size of a white blood cell and shrunk *the Milky Way galaxy down using the same scale, the Milky Way would be the size of the United States:

しかし、それでも1個の銀河の大きさとは比べようがありません。もし、太陽を1個の白血球細胞の大きさに縮めて、天の川銀河を同様の尺度で縮小したら、天の川銀河などアメリカ合衆国の大きさに過ぎないのです。

*shrink~:~縮める (過去形= shrank, 過去分詞形= shrunk)  *the Milky Way galaxy:天の川銀河

 

 

20. That’s because the Milky Way galaxy is huge. This is where you live inside there:

それもその筈:天の川銀河が巨大だからです。あなたの命はその中にあります。

 

 

21. But this is all you ever see:

ここまでが、あなたが見ることが出来る限界です。

 

 

22. But even our galaxy is a little *runt compared with some others. Here’s the Milky Way compared to IC 1011, 350 million light years away from Earth:

つまり、私たちの銀河は、他の銀河群と比較すれば、ほんの1群の、ちっぽけで取るに足らない存在です。地球から遥かかなたの35千万光年先にあるIC 1011と天の川銀河を比べた画像がこれです。

*runt:ちび、できそこない

 

 

23. But let’s think bigger. In JUST this picture taken by the Hubble telescope, there are thousands and thousands of galaxies, each containing millions of stars, each with their own planets.

さて、更に巨視的に考えましょう。ハッブル望遠鏡で撮影されたこの写真には、何千もの銀河があり、それぞれの銀河には何百万もの恒星があり、それぞれに固有の惑星があるのです。

 

 

24. Here’s one of the galaxies pictured, UDF 423. This galaxy is 10 BILLION light years away. When you look at this picture, you are looking billions of years into the past.

この写真は、銀河の一つ、UDF 423です。地球から100億光年離れた先にあります。つまり、この画像を見ているあなたは、何10億年もの過去を見ているのです。

 

 

25. And just keep this in mind — that’s a picture of a very small, small part of the universe. It’s just an *insignificant *fraction of the night sky.

心に刻んでおいて下さい。- その画像は、宇宙の中のほんの小さな部分に過ぎないことを。夜空に浮かぶ、取るに足らない、全宇宙の断片にすぎないのです。

*insignificant~:取るに足らない、些細(ささい)な~  *fraction:破片、断片、分数、端数

 

 

26. And, you know, it’s pretty safe to *assume that there are some black holes out there. Here’s the size of a black hole compared with Earth’s orbit, just to terrify you:

ご存じの通り、その向こうには、ブラックホールがいくつかあると考えることはごく自然なことです。ぞっとなさるでしょうが、地球の周回軌道の大きさと比較してみました。

*assume~:当然~だと思う

 

<NASA ご提供:おさらい:Review Pictures offered by NASA>

*NASANational Aeronautic and Space Administration:米国航空宇宙局

 

 

030. <Earth> This is your home.

<地球> あなたの生まれ故郷です。

 

 

031. <Solar System> This is what happens when you zoom out from your home to your solar system.

<太陽系> そこからあなたの太陽系へズームアウト。

 

 

032. <Solar *Interstellar Neighborhood> And this is what happens when you zoom out farther…

<近隣の太陽系群>もっとズームアウトしたら、…

*interstellar [ɪ̀ntɚstɛ́lɚ]:星間()

 

 

033. <Milky Way Galaxy> And farther…

<天の川銀河>もっともっと、

 

 

034. <Local Galactic group> Keep going…

<近くにある銀河群>まだまだ…

 

 

035. <*Virgo Supercluster> Just a little bit farther…

<乙女座超銀河団>もう少し遠くへ…

*Virgo [vˈɚːgoʊ]:乙女座

 

 

036. <Local Superclusters> Almost there…

<近くにある超銀河団>このくらいにして、…

 

 

037. <Observable Universe> And here it is. Here’s everything in the *observable universe, and here’s your place in it. Just a tiny little ant in a giant jar.

<宇宙の観測可能な限界>さあ、着きました。地球人が識別可能な限界です。この中に、あなたが確かに、います。巨大な壺(つぼ)の中の、ちっぽけな1匹の蟻(あり)が…。

*observable~:観察できる、識別できる~

Mars Sunrise

2014.03.17 (Mon) From Blog

“You've Never Seen a Sunrise Like This.”

 

 

「こんな日の出は初めてでしょう」とうのは、地球の日の出ではないからです。衛星や望遠鏡で撮影されたものだからです。

 

 

18枚の貴重な写真と最初の発信人様の英文は、ヨッシーの旧友、マレーシアの高校教師、A様からの転送です。ありがとうございます。その中の、私の気に入っている数枚をご紹介。

The original sender’s 18 pictures and message below were transferred to Yoshy from Ms. A, a high school English teacher in Malaysia. Thank you very much! She is one of my old friends. Let me show you several pictures from them here.

 

 

Miniature Wonderland

2014.02.13 (Thu) From Blog

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Two German Brothers have put this TRAIN SET together.

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

18枚の画像と説明英文は、2,3年前、イタリアの友人A氏から転送されました。原作者のブラウン兄弟様、A様、ありがとうございます。以下の和訳はヨッシーです。

These eighteen pictures and their captions were transferred Mr. A living in Italy a couple of years ago. Thanks a lot, the author: Mr. Frederic and Gemit Braun, and Mr. A! The translation into Japanese is Yoshy’s.

 

 

This is the world's biggest train set. Covers 1,150 square meters / 12,380 square feet…

*Features almost six miles of track and is still not complete…

これは世界一巨大な鉄道模型です。1,150平方メートル (12,380平方フィート)の広さで、…鉄道軌道の総延長がおよそ*6マイルもの外観ですが、まだ完成途上です。

<features:外観、顔立ち (通例複数形)> <1mile ≒ 1.609 km ∴ 6 mile ≒ 9,654 km>

 

 

Twin brothers Frederick and Gerrit Braun, 41, began *work on the 'Miniature Wonderland' in 2000. The set covers six regions including America, Switzerland, Scandinavia, Germany, and the Austrian Alps.

41歳の双子のフレデリックとジェレット兄弟は、2000年に「ミニチュア・ワンダーランド」に取り組み始めました。アメリカ、スイス、スカンジナビア、ドイツそしてオーストリア・アルプスを含む6地域に渡っています。

<work on~:~に着手する>

 

 

The American section *features giant models of the Rocky Mountains, Everglades, Grand-Canyon etc…and Mount Rushmore.

アメリカ区域の呼び物は、ロッキー山脈、大湿地帯、グランドキャニオン等…そして、ラシュモア山です。

<feature~:~を呼び物にする>

 

 

The Swiss section has a mini-Matterhorn.

スイス区域には、ミニ・マッターホルンがあります。

 

 

The Scandinavian part has a *4ft long passenger ship floating in a *‘fjord’.

スカンジナビア区域には、「フィヨルド」に浮かぶ長さ4フィートの客船があります。

<1 foot = 12 inches ≒ 30.48 cm / 4ft ≒ 1.22 m> <fjord [fj ɔ́:rd]

 

 

It *comprises 700 trains with more than 10,000 *carriages and *wagons. The longest train is 46ft long.

客車と貨車が1万車以上ある700もの電車があります。最長の電車は46フィート(≒14m)です。

<comprise~:~から構成されている> <carriage:客車> <wagon:貨車>

 

 

The scenery includes 900 *signals, 2,800 buildings, 4,000 cars - many with *illuminated headlights...and 160,000 individually designed *figures.

900基の信号機、2800棟の建物、4000台の車…そして、個性豊かな16万体の人物がこの景色にはあるのです。

<signal:信号機> <figure:形状、姿、人物> <illuminated~:照明がついた~>

 

 

Thousands of kilograms of steel and wood were used to construct the scenery... The 250,000 lights are *rigged up to a system that *mimics night and day by automatically turning them on and off. The whole system is controlled from a *massive high-tech *nerve centre.

この景色を作るにあたって何千キログラムもの鋼鉄と木材が使われました。…25万灯の照明が自動点滅によって昼夜を模してくれています。全体のシステムは、大規模なハイテク中枢により制御されています。

<rig up~:~を装備する、取り付ける、着飾る> <mimic~:~を真似る、擬態する>

<massive:大量の、大規模な> Nerve centre:中枢>

 

 

In total the set has taken 500,000 hours and more than 8 million euro to *put together, the *vast *majority of which has come from ticket sales.

このセットを組み立てるために、総計50万時間と800万ユーロ以上がかかっていて、その大半は入場券に頼っています。

<put together:企画する、組み立てる> <vast~:広大な、莫大な~> <majority of~:大部分の~>

 

 

Gerrit said: "Our idea was to build a world that men, women, and children can be equally astonished and amazed in."

ジェリットの言葉:「私たちの着想は、男も女も子供たちも皆等しく驚くことができる世界を作ることでした。」

 

 

Frederik added: "Whether gambling in Las Vegas, hiking in the Alps or *paddling in *Norwegian fjords - in Wonderland everything is possible."

フレデリックが付け加えた言葉:「ラスベガスでのギャンブル、アルプス山脈でのハイキング、ノルウェーでの水遊びであろうとも-ワンダーランドでは、なんでもできます。」

<paddling:水遊び、ボート遊び> <Norwegian:ノルウェーの>

 

 

所変われば…

2013.12.25 (Wed) From Blog

Osechi: Foods for New Year's Day
Osechi: Foods for New Year's Day

所変われば品変わる:Different Countries Have Different Foods

 

12月25日(水)、朝7時、真っ白な妙高山 (2,454 m) が暁暾(ぎょうとん)に照らされている姿に、ヨッシーとエリーは暫し見とれていました。

At 7 am, on Wednesday, December 25th, Yoshy and Erie were keeping standing for a while to enjoy watching this special scene of white Mt. Myoko (2,454 m) which was shining in the morning sun.

 

 

さて、今年は、和食文化が世界遺産に登録されたり、朝ドラでは、「ごちそうさん」が評判だったりしています。

BTW, in this 2013, the culture of Japanese Cuisine was registered as a World Heritage List and a TV serial drama: “Gochiso-san! : That was good!” is rising popularity like this early morning, and … Etc, etc.

 

 

一方、発展途上国紹介のテレビ番組を見ていると、”一汁一菜”どころか、スープだけ…、

On the other hand, while watching the scenes of eating foods overseas; there was nothing but only soup let alone “a set of one miso-soup and one dish”.

 

 

「災害」は例外として、「文化」、「政情不安」、「貧困」…色々な要因が絡んでいます。

Various cuisines all over the world could be seen, eaten or involved in “culture”, “political instability”, “poverty” … etc, etc.

 

 

屋台の写真10数枚は、ヨッシーの友人、ベトナムのAさんからの転送です。Aさん、ありがとうございます。

These ten and several pieces of pictures of a street *stall were transferred via Mr. A. living in Vietnam; thank you A san!

<street stall:屋台>

 

 

多分、中国南部での風景でしょうね。かつて読んだ吉川英治先生の「三国志」に、呉の国の宮中料理の最高の一品が、「猿の生の脳味噌」…ウェー、思い出してしまった!頭蓋骨の上半分が蓋になっていて、顔が客に向いている…

I guess this scene was shot in the southern part of China. Yoshy has once read “Sangokushi: Three Kingdom Saga” written by a novelist, Yoshikawa Eiji. One of the best Imperial Dishes in the country of “Go” is “Uncooked Brain of Monkey” … Yuck! I didn’t want to remember it! The half part of its skull was a cap of the dish and its face was looking at each guest. …

 

 

カルチャーショックの原因の根源は、もしかしたら「食べ物」?

The deepest basis which would cause many kinds of Culture-shock might be “Foods”? - do you agree?

 

 

画像には「易しい英語での説明」がありますし、私はこの際翻訳したくないです。(笑)

Each picture has its own title written in so easy English that …Anyway I hate to translate them into Japanese. :-)

 

 

ちょっと分かりにくい単語として、「黄金虫:こがねむし」があります。それだけ。

Let me answer only one translation of “dunk beetle = chafers”. Excuse me, … That’s it!

 

 

 

「お口直し」に、「御節:おせち」の写真を載せました。

“To let your mouth be freshen”, a picture of ordinary “Japanese New Year’s Foods” was also attached.

 

 

ベトナムの人たちの逞しさ

2013.11.17 (Sun) From Blog

ベトナムの人達の陽気さと逞しさ:Cheerful and Powerful Vietnamese

 

11月17日(日)の深夜放送で、「ベトナム・ハノイからの声」をベッドで、うつらうつらしながら聴いていました。

Yoshy was *dozing off by listening to an all-night broadcasting radio program, “Voice from Hanoi, Vietnam” on bed after midnight on Sunday, November 17th.

<doze off:うつらうつらする>

 

 

雨期になると、洪水は日常茶飯事。NHKアナウンサーが、「買い物に困るでしょう?」の問いに、…

According her report, in rainy season, flooding is *nothing out of the ordinary. A male announcer of NHK was asking her, “Aren’t you in trouble with shopping?”

<* nothing out of ordinary:日常茶飯事の>

 

 

ハノイ在住の女性の返事は、「いえ、電話すれば、水の中、汁ものでも自転車の曲芸乗りで、配達してくれます。」

The female reporter living in Hanoi replied to him, “No problem. Whenever calling, a shop-clerk delivers even some dishes like soup by bike like an acrobat.”

 

 

「小さな個人商店が軒を連ねていて、コンビニらしきものは定着していません。キオスクみたいなコンビニが最近増えつつありますが…。」

“Small shops standing in line, something like convenience stores are not popular; though recently kiosk-styled convenience stores have been seen.”

 

 

それで思い出しました。

That made me bring back to memory that…

 

 

ホーチミン市在住のKさんが最近転送して下さったのが、これらの写真です。

These pictures were recently sent to me by Ms. K living in Ho Chi Minh.

 

 

表情を見ると、日常生活の臭気の中の、笑顔が印象的です。

Looking at their faces carefully, their bright and active faces in their daily air are very impressive.

 

 

私は、「中国のようにマイカーが増えて、排気に包まれなければいいなあ!」などと、事情も分からないのに、勝手なことを言ってすみません。

I hope in my mind, “I’m afraid the number of private cars growing might cause air pollution; I hope not so!” Though I am not familiar with their situation, sorry for my saying something selfish.

Fake or Real?

2013.09.28 (Sat) From Blog

偽造 Or 本物?:Fake or Real?

 

外国友人Sさんからの転送画像9枚です。原作者は分かりません。エリーの写真も1枚入っています。

You can see ten pictures, in which there are 9 sent on by Ms. A living in a foreign country and 1 of Erie, Yoshy’s pet dog. The author of the nine is unknown.

 

 

実は、10枚の内、偽造画像が混じっています。

Telling the truth, there are some faked pictures among these 10.

 

 

デジタル画像は、偽造が割と簡単ですから、見破るのは至難の技です。

We can so easily fake digital pictures up that it is very difficult to detect the authenticity of it.

 

 

写真の中の「解説の文字色」が赤:本物とのこと…うーん。どうでしたでしょうか?

The true pictures are … the color of the captions inside pictures is red, the author says. … Humm… how was your answer?

Unusual Structures:普通じゃない建物、40件

2013.05.18 FromBlog

1. Public Library - Kansas City, Kansas, USA (アメリカ、カンザス州、図書館)

2. Atomium - Brussels, Belgium (ベルギー、ブリュッセル、[原子形状の博物館])

3. Milwaukee Art Museum - Milwaukee, Wisconsin, USA (アメリカ、ウイスコンシン州、ミルウォーキー、美術館)

4. Church of Hallgrimur - Reykjavik, Iceland (アイスランド、レイキャビク、教会)

5. Longaberger Basket Building - Newark, New Jersey, USA (アメリカ、ニュージャージー州、籠の形の建物、会社事務所)

6. Wonder Works - Pigeon Forge, North Carolina, USA (アメリカ、ノースカロライナ州、娯楽観光名所)

7. Upside down house - Shimbark, Poland (ポーランド、逆さまの家)s

8. Crooked house - Sopot, Poland (ポーランド、湾曲した家)

9. Tenerife Auditorium - Canary Islands, Spain (スペイン、カナリア諸島、公会堂)

10. "The Bullring" - Birmingham, England (英国、バーミンガム、「闘牛場」:という名前の商業地区)

11. La Tete au Carre Library - Nice, France (フランス、ニース、図書館)

12. Eden Project – England (英国、「エデンの園計画」:複合型環境施設。世界中の植物が栽培されていたり、彫刻などが展示されたりしている。)

13. Snail House - Sofia, Bulgaria (ブルガリア、ソフィア、蝸牛の形の家)

14. Edificio Mirador - Madrid, Spain (スペイン、マドリード:[ホテル+アパート])

15. Nautilus house – Mexico (メキシコ、オウム貝の形の家)

16. Calakmul "The Washing Machine" building – Mexico (メキシコ、「洗濯機」の建物:[商業施設の事務所])

17. Habitat-67 (Apartment Complex) - Montreal, Canada (カナダ、モントリオール、67戸の複合アパート)

18. Montreal Biosphere - Montreal, Canada (カナダ、モントリオール、生物環境博物館)

19. Olympic Stadium - Montreal, Canada (カナダ、モントリオール、オリンピック競技場)

20. Lotus Church – India (インド、蓮の教会)

21. Wood Skyscraper - Archangelsk, Russia (ロシア、木製の摩天楼)

22. Stone house - Guimaraes, Portugal (ポルトガル、石の家)

23. Mammy's Cupboard - Natchez, Mississippi, USA (アメリカ、ミシシッピ州、「お母さんの食器棚」:レストラン)

24. National Library - Minsk, Belarus (ベラルーシ、ミンスク、国立図書館)

25. Cubic houses - Rotterdam, Netherlands (オランダ、ロッテルダム、正六面体の家)

26. Casa Pueblo - Maldonado, Uruguay (ウルグアイ、マルドネード、[ホテル])

27. Alexandria Library - Alexandria, Egypt (エジプト、アレクサンドリア、図書館)

28. Cathedral of Brasilia: [Exterior View] - Brasilia, Brazil (ブラジル、ブラジリアの大聖堂:外観)

29. Cathedral of Brasilia: [Interior View] - Brasilia, Brazil (ブラジル、ブラジリアの大聖堂:内部)

30. Denver Art Museum Denver, Colorado, USA (アメリカ、コロラド、デンバー、美術博物館)

31. Graz Art Museum - Graz, Austria (オーストリア、美術博物館)

32. Le Palais Ideal - Hauterives, France [Built in 19th century by a Post Office worker; took 30 years to build] (フランス、19世紀、一人の郵便配達人が30年かけて作り上げた、彼の理想を追求した建築)

33. Gaudi's "Casa Battlo" - Barcelona, Spain (スペイン、バルセロナ、建築家のガウディの、「カサバトロ」、邸宅、ユネスコ世界遺産)

34. National Stadium - Beijing, China (中国、北京、国立競技場)

35. National Theater - Beijing, China (中国、北京、国立劇場)

36. Ripley's Believe It or Not Museum near Niagara Falls, Canada (カナダ、ナイアガラの滝の近くにある博物館)

37. Palais Bulles - Cannes, France (フランス、カンヌ、[宮殿をイメージして作った会議場])

38. Experience Music Project [Front View] - Seattle, Washington, USA (アメリカ、ワシントン州、シアトル、EMP音楽博物館:前面)

39. Experience Music Project [Rear View] - Seattle, Washington, USA (アメリカ、ワシントン州、シアトル、EMP音楽博物館:背面)

40. "The Cucumber" - London, England (英国、ロンドン、「胡瓜」、金融中心地に立つ超高層オフィス)

Miracle Drawings

2013.05.02 Transferred From A

Miracle Paintings

原作者のお名前は秘密です。著作権がありますので、この画像のコピーはご遠慮ください。

The author’s name is confidential and copying is not allowed but only enjoying watching, because the author has their copyright..

 

英語の学習用に、「原作者の説明文」を和訳します。

“Translation this author’s English into Japanese” is just for learning English.

 

THIS IS A CEILING MURAL IN A SMOKER'S LOUNGE.

喫煙室の天井画。

 

 

There's another...below.

もう1枚…下ですよ。

 

BATHROOM PAINTED FLOOR!!!

床に描かれたトイレ。

 

IMAGINE YOU ARE AT A PARTY.

あなたがパーティに参加しているとしましょう。

 

Tenth floor of a hi-rise building.....

10階ですよ…

 

AND THEN YOU HAVE TO VISIT THE BATHROOM...

途中でトイレに行きたくなって…

 

You open the door...

そのドアを開けます。

 

NOW, REMEMBER.

さあ、忘れないでね.

 

THE FLOOR IS JUST A PAINTED FLOOR!

床は、絵ですよ!

 

KINDA TAKES YOUR BREATH AWAY.....

息が止まった感じ…

DOESN'T IT?

ですよね?

 

Scroll sloooooooowly. .....

ゆっくりと絵の上から下へスクロールして…

英会話できる天才オウム

From Blog on 2012.05.25 Introduced via Ms. Yap

英会話できるオウム

A parrot that can communicate in English; Introduced by Ms. Yap

 

■こんなにはっきりと長く「英語で会話」ができる鸚鵡(おうむ)は、初めてです。

It’s the first time for Yoshy to see such an incredible parrot as can communicate clearly and long in English.

 

■飼い主は、ヨッシーの何倍も「指導力」があります。

Its master must have many times more “teaching skill” than Yoshy’s.

 

■LLシホヤ新井教室と、エムペック会員さん、先ずは、オウムの英語を楽しんで、負けないで勉強してゆきましょう。(笑)

Anyway, first of all, all the students of LL Shihoya Arai School and all the members of Myoko Powerful English Club (M-PEC) should see and listen to this parrot. Why don’t we go for it toward our keeping brush up the command of English? :-)

 

■M-PEC顧問のヤップ先生、ご紹介ありがとうございました。

Ms. Yap (Advisor of Myoko Powerful English Club), thanks a lot!

 

Quilts In The Snow:雪上のキルト

From Blog on 2012.04.21

雪上のキルト

Quilts In The Snow

≪2012.04.21、M-PEC顧問、ヤップ先生からのご紹介。翻訳はヨッシー。≫

 

■HOPE YOU ENJOY THIS - IT 'S REALLY INCREDIBLE.

楽しんでねー信じられません。

 

■With such talented people we are richly blessed when they are kind enough to show off their Art to the World .

ご好意で世界中に彼らの芸術作品を公開して下さいました。

 

■Man Walks All Day to Create Spectacular Snow Patterns.

一人の人間が、壮観な雪模様を作るために終日歩くのです。

 

■Artist Simon Beck must really love the cold weather!

芸術家のサイモン・ベックは寒い気候を本当に好きなのに違いありません。

 

■Along the frozen lakes of Savoie , France , he spends days plodding through the snow in raquettes (snowshoes), creating these sensational patterns of snow art.

フランス、サボアの凍った湖に沿って、雪靴で雪の上をコツコツ毎日毎日歩くのです。そして、このような世間をあっと言わせるような雪の芸術を作りだすのです。

 

■Working for 5-9 hours a day, each final piece is typically the size of three soccer fields!

一日に5~9時間かけて、出来上がったそれぞれの作品は大抵サッカー場3個分の大きさになります。


From Blog on 2013.02.22 Tool-shaped Dishes

「便器型食器」:今時の若い人の感覚がよく分かりません

 

ヨッシーの外国の友人から「あり得ない?画像」が転送されてきました。

One of Yoshy’s best foreign friends kindly forwarded “some impossible? pix” to me.

 

原作者名は匿名です。お二方に、感謝申し上げます。というか、転送友人は40歳代外国人の女性ですから、彼女も、私同様、ただ呆れておられるのか…はてな?

The author is unknown. Yoshy appreciates both of you. Or, rather, the sender is one of my best female friends in abroad and 40s, so Yoshy wonders whether she is also disgusted by them like me… Hum?

 

 

 

鈴木大拙先生は、「禅とは何か」(春秋社)の中で、「禅の世界では、人間は、『入れて出す筒』である。」と、仰っておられます。

Mr. Suzuki Daisetsu says in his book: “What is Zen?”, “A human being in the world of Zen is ‘just a pipe for taking in and out’.”

 

 

また、司馬遼太郎先生の「翔ぶが如く」:巻の1で、川路利良(明治初期の初代大警視:現在の警視総監。「かわじとしな」が、後に「としよし」と、呼び名を改名)の言葉として、次の行(くだり)が印象的です。

And Mr. Shiba Ryotaro says in his book: the volume-1 of “Tobu-ga-gutoku: Like Jumping Over”, below; borrowing the words of Mr. Kawaji Toshiyosi, who was the first Superintended General in the beginning of Meiji era…which is impressive for Yoshy. …

 

 

「人間は決して高雅ないきものではない。君子も窈窕たる淑女も、その排泄という場所からとらえればことごとく悲惨である。」

“We human beings are never graceful creatures. Both men of virtue and voluptuous gentlewomen should all fall into simple and terribly miserable creatures if they were observed from the aspect of the basis of excretion.”